読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別名サフィの独り言

気ままに生きてる宇宙人の映画とか読書とか勉強とか。

サフィさんと隣の国のお友達


このLINEが繋がってる間だけワタシたち恋人で居られるわね。

f:id:tokyosb:20160714192446j:image

こんにちは、ワタシです。
サフィです。

最近書いたブログがありえない速度で伸びてて怖がってるワタシです。
このままあのブログを上に出しとくと同期が読みそうなので、上書きしてきます。
あんなの読まれたら恥ずかしくて、軽く死ねる

そんなわけで、今日は落研と全く関係ないお話で一つお付き合い願いますよ。

kpop狂だったワタシですが、最近TPOPすなわち、タイポップ。

タイのポップスにはまりました。

その中でも一番熱かったのが、この二人。f:id:tokyosb:20160715011618j:image

女の子が、クラテー
男の子が、Timethai

で、こんな曲。

要は、彼氏のいる女の子と彼女のいる男の子がお互いに惹かれあってスリル満点な浮気をする歌です。
曲の名前は、LINEで秘密の恋をしよう
LINEで繋がってる間だけ僕らはフリーにもなれるし浮気もできるねえ。
ナチュラルにクズなお話。
だけど、ダンスがかっこいいし、曲もノリがいい。

あと、最近熱いTPOPは、EVOnineってグループね。
なんか名前も似てるけど、曲も古き良きEXO、kpopの匂いがする。

タイポップなのに、英語で歌ってる謎の曲。
こちらもかっこいいから是非是非。



最近アイドルは東南アジアが熱いですね。
余裕ができたら次はヨーロッパのアイドル行きたいね。

ていうか、ワタシは日本のアイドルには一ミクロンも興味ないけど、他国のアイドルなら相当詳しい自信があるぞ。
アイドルは人間を元気にする力があるよ。
みんなもワールドワイドなアイドル道行ってみようね!


で、話は元に戻って。

冒頭に載せたのは、すみません。

ワタシの自撮りです。

さて、なんでこんなまがまがしいもの載せたかというと、今日の本題はこの自撮りから始まるんですよ。

ことの発端は2週間前。

(何にもしてないけど)関関立を終えたワタシは殺人的な暇さとやることのなさに震えていた。

んで、ふっと友人が少し前韓国の出会い系にどハマりしてときめきに溢れる素敵な日々を送っていることを思い出したわけ。

 で、大のkpopファンのワタシ。
韓国の男の子たちと仲良くなりてエーーーー、
の一心で出会い系サイトをするために韓国語の勉強を開始。

これはすこぶるはかどった。

ハングルに始まり、簡単な挨拶。


しかし、ワタシのやる気が持続するのはそこまでだった。

まず、そこまで韓国語は甘くなかったってわけですね。

これじゃ、いつまでたっても出会い系サイトが出来ねえ。

ということにようやく気がついたワタシ。

このまま韓国語を勉強すればいいものを、

「ワタシは今すぐ話し相手が欲しいんだよ!今すぐ!」

という至極滅茶苦茶な理論のもと、ワタシが目をつけたのが中国語でございました。

これなら授業でやってるし…とおもっていろいろ調べた結果、出てきたのがこちら。

ASIAQというアプリ。


これは、どんなものかというと、

日本語を勉強したい中国人と中国語を勉強したい日本人の交流の場所

と思ってもらえればオッケー。


なんのこともない。


中国人 出会い SNS

と検索して出てきたのがこのアプリ。

ただの出会い系だったら良かったものを、
これは結構ガチなお勉強アプリだったのだ。

ここから、ワタシのときめき出会い系計画が狂い始める。

そんなことも知らずに、ワタシは少しでも可愛く見えるように白眼を向く勢いで上使い。
二の腕をプルプルさせながら斜め45度で渾身のかわいい自撮り画像の作成に精を出したさ。

さてさて、そんなワタシのむなしい努力はさておき、
これで何をするかというと、

中国語で日記を書いて公開。
中国人が添削orコメント

それに対してワタシがすることは。

中国人が日本語で書いた日記を公開
添削orコメント

という簡単なお仕事。

ご覧の通りワタシのへっぽこ中国語にはこんなにたくさん添削がつきましたよ。

f:id:tokyosb:20160715014156p:image

f:id:tokyosb:20160715014158p:image

f:id:tokyosb:20160715014208p:image

んで、添削してるうちに仲良くなって。

wechatやらQQのアカウントを聞かれる。
わけですね。

(中国は情報統制の関係で、LINE、TwitterYouTubeGmailSkypeなどなど、主要なSNSが使えないようになっているので、この2つはLINEの代わりのものですね。)

ここからの中国人たちが、
ワタシの想像をはるかに超えていた。
まさに、beyoned borderしてたんだよ。

出会ってすぐのワタシに録音した自分の日本語を送りつけてきて、中国語でのコメントを求める桂林の会計士の女の子。

中国語で長々とアニメの萌え語りをする日本語学科の男子。

長いこと日本語の勉強をしていて日本語の本が読めないことを嘆くメッセージを一時間にわたって送りつけてきて、読んでる本の写真が岩波の古今和歌集だった上海の会社員。

ホームシックに悩める横浜への留学生くんには日本人は冷たいよお…と電話口で泣きつかれ、

今から福岡に留学に来るらしいハルビンの男の子には不安を吐露され、つまりつまりの日本語の電話は二時間に及んだ。

あと、ワタシが、
「你为什么开始学习日语?」
(あなたはどうして日本語を勉強し始めたの?)と聞いたところ、
「日本にお家をいくつか買いたいからよ。北海道と鎌倉に欲しいの。パパが買ってくれるって!」と言い放ったお嬢様は強烈だった…

ほかにも、日本語のCDは高いからこれ読んで!

と日本語の教科書を送ってきたり。

もうこの辺になると、ワタシもやけくそになって適当に読んで送った。

もしも彼女があれを忠実に再現すると九州訛りになるのではなかろうか、と不安でたまらない。

そんな彼女や彼らとの交流でわかったこと

  1. 日本語を勉強するらきっかけナンバーワンはアニメ
  2. 中国では嵐が人気。特に二宮くん
  3. 中国で人気のドラマはなぜか東京ラブストーリーあと半沢直樹。そして大穴、真田丸
  4. なぜかみんな、さよなら大好きな人と世界に一つだけの花、を電話口で歌ってくれる


なんか、東京ラブストーリーとか二曲は結構古い気がするけどなんでなのだろうか。
他にもスラムダンクの普及っぷりにはビックリでしたねえ。


中国で、日本よりすごいアニメを作りたい

とか、

日本のアニメの字幕を作りたいの、

とか。そんな夢を語られて、改めてアニメってすげーのなあ。

と、素直に感心したり。

で、こっちも調子に乗って込み入った質問を。

「なんでそんなにアニメが好きなのにみんなネットで見ているの?」

と、聞いてみたところ。

どうやら、中国のテレビは規制が激しくてほとんどの海外の作品が放送できないらしい。
だから、中国のアニメ好きの皆さんがアニメとか日本のドラマとか海外の作品を手に入れるためには、一般の人が中国語をつけて勝手にネットに流している動画しかないのだそう。

もちろん、みんなそれが著作権の問題上よくないのはわかっているのだけれど、それ以外に大好きな作品に触れる手段がない。

ということらしい。

おお…意外と難しいね。


かわいい自撮り写真を用意して、リアルの自分と全く違うキャラを作って、かわいい日本の女の子として生きていこうとしていたワタシですが、そんな余裕もなく、呆然とする日々なんですけど。


ただ、中国の人たちは本当に勉強熱心だし、上達も驚くほど早い。

それは失敗を恐れないところにあると思う。

下手な発音とか気にせずワタシに音声を送りつけてきたり、電話かけてきたり。
ワタシは一回発音を授業で指摘されただけで何も言えなくなってしまったのに。

そして、本当によく勉強する。

社会人で残業で9時に会社が終わっても家に帰って3時間以上勉強する。

だから、1年くらいですぐに流暢な日本語を話せるようになってしまう。

そして、変な日本語を知ってる。

「僕は25歳、社畜ですー」

と言われた時は思わずワタシは自分の顔面にスマホを落としたさ。

そんなわけで、斜め45度の自撮りから始まったワタシの出会い系サイトライフが、単なる国際交流と化してきてる反面、


「君って本当にかわいいね。」

とか。

「毎晩電話しようよ。君の声を聞いていたい。」

とか。

送りつけてくるイケメン日本語マスター。

はたまた。

「君って本当優しいね。もしも僕らの間に海がなければ走って会いに行きたいよ。」

いや。海以外にもいろいろあるやんけ、なんてツッコミ入れたくなるようなポエマーボーイ。

さらに、

「今度両親を連れて日本に行くよ。」

と、恐ろしいことを言いはじめる上海ボーイ。
(なんとか止めた。)


まさに、冒頭のラインで秘密の恋をしよう状態にもなってきてる。

そうそう、オンラインにいる限りはワタシたちはつながってられるもんね。

そんなわけで、わけの分からん方向に進みはじめてるワタシのオンラインライフ。


 仲良くなれば楽しくて、言葉の壁を越えたくて。中国語の勉強にも精が出る。
彼らの声が聞きたくて話したいから、嫌いな発音の練習も。

教科書の退屈な世界の向こうに音も色も温度もある世界があって楽しい人たちが沢山いる。


そう思うだけでワクワクしてもっと近づきたいと思ってしまう。

歯の浮くような中国語を翻訳しながら赤面したり、はたまた暗〜いことを呟こうとしてたけど中国語に直してるうちにめんどくさくなって病みツイート防いだり。

結構楽しいです。

ワタシはASIAQというアプリにwechatのIDを載せてしまったのでこんなおかしなことになってますけど、ASIAQというアプリは本当に真面目な勉強アプリだから、興味を持った人はASIAQだけでもやると楽しいと思います。

いまのワタシの夢はいまやりとりしてる友達にあいながら中国大陸を一周することです。
彼らの国の言葉で沢山おしゃべりできるようになることがワタシの夢なんです。

中国には日本のことを嫌いな人もいるし、
フィリピン領土問題とか、尖閣諸島とか、いろいろ大変なこともあるけれど、

爆買いとか、新聞記事の向こうにあるのは必死に日本語を勉強してこちらに歩み寄って手を伸ばす姿もあるんです。

離れたくないし、置いていかれたくもない。

私はこの少し難しい日本の隣人が大好きです。

そんなわけで、今回はまとまりのないお話だけどこの辺でさよなら三角。