読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別名サフィの独り言

気ままに生きてる宇宙人の映画とか読書とか勉強とか。

クレイジークリスマスお狐さま。

 

こんばんは。

ワタシです。

本当にお久しぶりです。

サフィです。

 

みなさん、ワタシのこと覚えてますか…?

 

明日は大晦日ということで、街は鏡餅と門松一色ですけど、そんななかでワタシは今日はクリスマスのことを書いて行きたいと思います。

 

今年のクリスマスは、イブは落研の同期で鍋やったんだけどね、それはまあ普通に楽しかったから。

前のタコパなみに楽しかったから。

 

そんな、前のタコパの記事はこちらだよ。

http://tokyosb.hatenablog.jp/entry/2016/07/10/113608

 

まあ、また同期ラブラブな記事を書いてもしょうがないのでね。

 

今日は25日。

クリスマスのことを書いていこうと思うわけ。

 

25日。

前日の飲み会のまま部屋で寝ていた小鹿くんと、多妻来くんと歯死くんが競艇を見るために大阪に旅立って随分あと。

 

腹が減ったとごねる王茶偉くんに飲み会の残りの餃子を煮終わったころ、我闘くんが目を覚ましたので、勢いでそのまま天神様へ向かいましたよ。

 

この日はこの3人で賛助(老人ホームなどにボランティアで落語をしにいくこと。)だったので、

この3人で賛助まで北野天満宮で時間潰そうと試みたんだけども、結構楽しかった。

 

 我闘くんにお金のない王茶偉くんが、

「どんぐり飴買って…」

と恥ずかしそうにおねだりしたのは結構面白かったし可愛かった。

 

【参考画像】

f:id:tokyosb:20161230230724j:image

 

てなわけで、天神さんも満喫して、賛助先へ向かったんだけど、詳しく書くと腹がたつから書かないけどこれが、

史上最悪の賛助先というか、ジジイだった。

ので、我々のテンションは氷点下まで下がった。

 

ここでワタシが

 

「こんなクリスマスってあるかよ!」

 

という気持ちになったことは言うまでもない。

 

何か楽しいことがしたい。

このまま1人でお家に帰ってお片づけなんてしたくない。

メラメラとそんな思いに燃えた。

 

で、今日のお話はここから始まるのである。

 

落語が終わって控え室で着物を脱ぎながら、

ワタシはちらりと我闘くんをみた。

 

ぼんやりとしている今がチャンス。

 

「我闘ちゃん、我闘ちゃん。

奈良いこうよお!!!!!!!!」

 

ひっかかれ、ひっかかれー。

ひっかかれ我闘!!

 

と念じていたらぼんやりしていた我闘くんは案の定。

 

「ほんなら(奈良)行きまひょか」

 

と、言ったさ。

 

そう、我らが立命落研きっての駄洒落ニスタの立命亭我闘くん。

 

投げつけられた洒落やら駄洒落は拾わずにはいられない。

なんとなしに洒落を拾ったつもりの我闘くんに勢いよくワタシが詰め寄ったのは言うまでもない。

 

「本当に!?行こう!行こう!行こう!

やったあ!前から行きたかったんだよね!!!!どうやって行こう!

幡汰も誘おうか?そうしようね!そうしよう!」

 

賛助先の更衣室で圧倒される我闘くんをよそにさっさと幡汰くんに電話をかけたさ。

 

まだ自宅のベッドの中の幡汰くんを叩き起こし、

「奈良いこうよ!今から!」

と詰め寄られ、京都駅に呼び出された幡汰くんには本当に御愁傷様としか言いようがない。

 

 

ここで、しっかり書いておきたいのはもちろん、王茶偉も誘ったってこと。

「奈良いこう!奈良!」と、詰め寄るワタシに、得意そうに。

「今日は家族とクリスマスパーティーなんだ。」

と言い放った王茶偉くん。

ああ。家族仲がいい男ってほんとに嫌!(嫉妬)

 

 

そんなわけで賛助先の最寄の駅で王茶偉くんと別れて、ワタシは我闘くんに連れられて幡汰くんのまつ京都駅に向かったさ。

 

ちなみに、ここから奈良までの経路も我闘くんが調べた。

 

強引に誘っといてこの体たらくだから我闘くんにはワタシをボコボコにする権利があると思う。

 

そんなわけで、幡汰くんと合流して奈良へgo!

 

「遅い!」とワタシに詰め寄られた幡汰くんだけれども、そもそも気持ちよく寝てたところを叩き起こされて突然京都駅に呼び出されて遅い!と詰め寄られた幡汰くんにはワタシを吊し上げる権利があると思う。

 

 

そんなわけて、初めての近鉄にテンションが上がりまくるワタシと、どこか疲れた2人を乗せて電車が走り始めて、1時間ガタゴトとゆられて奈良へ到着。

 

なんとも言えないレトロな空気に喜ぶワタシをよそに真剣に地図を読む幡汰くんと我闘くん。

 

東大寺に向かって坂道を登り始めますよ。

 

 

東大寺の拝観時間が4時半にもかかわらず、衝動的かつ無計画ツアーなので4時に奈良に到着したので、可愛い鹿たちを一旦は無視して東大寺に一直線。

 

10分ほど歩いたところで見えて来ましたよ。

南大門。

 

f:id:tokyosb:20161230234318j:image

 

そして、運慶快慶の金剛力士像。

f:id:tokyosb:20161230234347j:image

教科書の写真でしか見たことのなかったものが目の前にあるその迫力と、感動にしばし言葉を失って、足を進めていくと、

f:id:tokyosb:20161230234455j:image

 

見えて来ました、大仏堂。

 

そして、念願の。

f:id:tokyosb:20161230234754j:image

大仏様。

寒くはなくてなんだか涼しい。

線香の甘いような香り。

薄暗い中で目が慣れると見えてくる大きな大きな大仏様。

 

ゆったりとしていて落ち着いて浮世離れした空気に3人ともしばし酔いしれて本堂の中を言葉少なに見て回りました。

 

 大仏堂を出ると、空がとっても綺麗な夕暮れ。

写真を撮ろうと思ったけれど、隣で我闘くんがすでに頑張ってくれてたので、ワタシはぼんやり空ばかり見てました。

f:id:tokyosb:20161230235528j:image 

これは彼から借りた画像。

てか、今回の奈良の記事はほとんど我闘くんから画像を無断利用してお送りしているよ!

反省はしないよ!ありがとうがとう!!!

 

 

東大寺の拝観時間に間に合ってしっかり盧遮那仏様を拝めて安心した3人は奈良に来た二つ目のお目当の鹿さんたちに会いに行きましたよ。

 

3人仲良く鹿せんべいを買って餌やりにチャレンジ。

 

バイトのせいか動物の扱いに手慣れた幡汰くんが、プロの手つきで鹿に触り、餌をあげて戯れる側で、

恐る恐る鹿にちょっと触って離すということを繰り返す我闘くん。

 

その差が結構面白かったです。

 

でも、後半は慣れて来て…

 

f:id:tokyosb:20161230235948j:image

 

2人で鹿を甘やかしてました。

 

奈良の鹿は本当に人に慣れてますね。

餌をくれー!とお辞儀して来たり、詰め寄って来たり。

 

逆に、餌をあげるとありがとう!ってお辞儀して来たり。

 

なかなか面白かったです。

 

 

ワタシの読みでは、クリスマスに大仏見にくる人はそんなに多くないはずだから空いているはずだったんだけど、結構人で賑わっててびっくりしました。

その中でも一番ワタシが笑ったのが、サンタの帽子やらトナカイの耳なんかのクリスマスグッズを身につけて参拝しに来てたパリピと外国人の皆さん。

 

多分、鹿→トナカイということでクリスマスを連想したんだろうけど、その適当さというか大らかさというか豪快さがとっても好感がもてましたね。

 

バシャバシャと撮った写真はtwitterかインスタ行きでしょうね。

 

せっかく来たということでお向かいの春日大社にもお邪魔することに。

 

その途中で森の方にたくさん鹿がいるので喜んで3人で近づいていったんだけど…

f:id:tokyosb:20161231001230j:image

一匹の鹿がこちらに向かってもののけ姫のシシガミ様みたいな足取りで近づいてくるからなんとなく不気味に思っていると、地元の鹿保護委員のボランティアの優しいおばさんが、いろいろ教えてくれました。

 

 

なんでも、ワタシたちが足を踏み入れたのはシシガミ様(みたいな足取りの鹿)のハーレムだったらしく、ワタシらは侵入者とみなされて攻撃対象だったそうな。

 

その上、シシガミ様は今発情期らしく、危険な状態らしい。

 

ああ怖い!

 

優しいおばさんにいろんなことを教えてもらって、鹿に対する知識を手に入れて春日大社への道をダラダラと歩いたんだけど、時間も遅くて拝観時間が終わってしまっていて中には入れず。

 

残念だけど、また来よう。

と言うことで、奈良駅への帰り道を歩き始める途中で興福寺によって五重の塔みたり。

f:id:tokyosb:20161231002305j:image

 

商店街の片隅の謎の教会に立ち寄ってみたり。

f:id:tokyosb:20161231002424j:image

 

思いっきり奈良を満喫して帰りの電車に乗り込みました。

 

3人仲良く並んで座って、浅い眠りにつきました。

 

京都駅に着いて、奈良の静けさから京都の喧騒に戻ってきたなあ。とぼんやり思っていたところで、京都駅のイルミネーションを見たい!という話になってイルミネーションをにいったさ。

 

幡汰くんのお気に入りの空中通路から二色に光る京都タワーを見て。

 

f:id:tokyosb:20161231002741j:image

 

大きな大きなクリスマスツリーも見たんだよね。

f:id:tokyosb:20161231002810j:image

 

ワタシこんなに大きなクリスマスツリーを見たことはなかったから、素直に感動したんだよ。

 

階段のイルミネーションも綺麗だった。

 

f:id:tokyosb:20161231003019j:image

 

京都駅の屋上まで来て、

 

立命館どこだろ?」

「紋浪の家はあれじゃないかなあ?」

 

なんていいながらガラス越しに夜景を見て。

 

1日の終わりを噛み締めていたワタシ。

 

帰ったら熱いお風呂に入って、暖かい布団で眠りたい。

 

そんなことを考えていたけれど…

 

次の瞬間の幡汰くんの言葉にそんな目論見が崩れ去る。

 

「なあなあ、伏見稲荷ってどこやろ?」

「せやなあ…、あそこらへんちゃう?」

 

伏見稲荷を探し始める2人をぼんやりと安らかな気持ちでワタシは見ていたのだけれど、

 

「俺伏見稲荷登ったことないんやー登ってみたいなあ。」

「俺も最後まで登ったことない…」

 

この流れはやばい。

やばいぞ…と思った瞬間。

 

「今から登らん?」

と、幡汰の言葉に、少し考えて我闘くんが、

「行く。」

と言葉短く答えた。

 

 

こ、こいつらの体力は底無しか!?

 

なんなんだ!?

 

と思ったワタシだけども、自分も伏見稲荷なんて登ったことがないし、

夜の伏見稲荷なんて1人で行けたものではない。

貴重な機会だし、何より面白そうだ。

 

とむくむくと行きたい気持ちが膨らんで来て、気付いたら

「ワタシも行きたい!」

と言ってしまっていた。

 

 

そんなわけで、高校時代の我闘くんの通学電車の奈良線の乗り場まで、

 

「やばいなあ!本当に行っちゃうのかー!

すごいなあ!」

 

と大笑いしながら叫ぶテンションの壊れた幡汰くんと、

 

「前は途中で挫折したさかいになぁ…」と今回は登り切ると決意を固める我闘くん。

 

そして、

(まじか。このこたちはなんでこんなに元気なのよ…)とドン引きするワタシ。

 

それぞれの思いを秘めてなぜか走って行く。

 

息を切らして電車に乗り込んで、あっという間に伏見。

 

こないだ小鹿くんと昼間に行った時は芋洗状態で一歩進むのも困難だった道のりが、夜だからかガランとしていて、少し驚きました。

 

でも、なんだかんだで登り始めて。

最初に見えた夜景に感激。

 

初めてその様をみたワタシと幡汰くんは両目いっぱいにうつるキラキラを貪るよう見つめ続けましたよ。

 

「ここでこないだ挫折したんや…」

 

と悔しそうに呟く我闘くんをよそに自前の一眼レフで写真を撮りまくる幡汰くん。

f:id:tokyosb:20161231014901j:image

ていうか、よく考えたら一眼レフもって奈良行って伏見稲荷行って、って幡汰くんの体力すごいなあ…と思ったけどよく考えたらワタシと我闘も賛助で使った着物を背負い続けてるから似たようなものなのかしら。

 

で、その後も頑張って登る。

 

この日かかとの高いヒールで来てしまったアホなワタシは心底苦しい戦いを強いられたけれど、男子2人に遅れないように息を切らして階段を上った。 

 

真っ暗な道に赤い鳥居だけがぼんやり見えていて、やけに静かなその光景。

なんだか、別の世界に来たような気分になりました。

 

言葉少なになりながらも、黙々と登って行くと、あっけなく頂上にやってまいりました。

 

「これ頂上ちゃう?」

「マジで!?」

 

なんて、なんともゆるいノリでたどり着いたから、たっぷりお祈りして、写真を撮ってみたり。

 

f:id:tokyosb:20161231190929j:image

 

f:id:tokyosb:20161231190941j:image

 

コンコンと狐のモノマネをしたり、石段にへたり込んだり、思う存分余韻に浸りました。

 

 

下り坂では、謎の物音と鳴き声に震え上がって立ち止まったり、

謎の四足歩行の動物を目撃したり、

 

スピリチュアルというか、ひやりとする体験をして、軽口を叩きながら歩いていたら、今度はあっという間に地上に。

 

 

短い時間の異世界旅行みたいで、3人ともなんとも言えない気分で最後の鳥居を後にしたものでございました。

 

そんなわけで、

イエスキリストの生まれたクリスマスに、

東大寺春日大社、謎の教会、伏見稲荷、と数々の宗教を渡り歩いたワタシらは、多分来年は全部の神様のご加護を受けて、存分に幸せになれるはずだよね。

 

 気の合う仲間と、あてもなく行き当たりばったりでバスや電車を駆使して走り回るのは笑いが絶えなくて幸せで幸せで楽しかったです。

 

間違いなく今までで一番楽しいクリスマスでした。

 

 

大学生という人生の夏休みを京都という土地で過ごすことの幸福さを最近噛み締めてます。

 

もっともっと、京都、引いてはこの関西という土地を走り回って知りたい。見たい、行きたい。

 

まだまだ旅したりないです。

 

 

 付き合ってくれた2人には感謝が尽きないけど、今回が第一回だからね。

また、誘うからね。

 

まだまだ、行きたいところたくさんあるから、みんなもワタシの行きたい行きたい攻撃に覚悟しててください。

 

滋賀の白鬚神社

 

f:id:tokyosb:20161231191836j:image

 

海遊館

 

日本一と言われる六甲の夜景に、温泉。

 

薬師寺法隆寺、今回は入れなかった春日大社

 

まだまだ色々行きたいから、来年もまったり楽しく唐突に旅に出ましょう一緒に。

 

 

そんなわけで、皆さん来年もこのブログとワタシの愉快な仲間たちと、このワタシを宜しくお願い申し上げます。

 

皆さん良いお年を。